メリット

パソコンと男性

ローン返済が滞ってしまっていたり、裁判所から競売通知所が届いた、離婚に伴うローンの問題など住宅ローンについて悩んでいる人は多いでしょう。
このような状況を解決するには任意売却という方法があります。
任意売却とは、銀行や保証会社など債権者の同意を得て一般市場で住宅などの不動産を売却することをいいます。
一方、競売とは裁判所の管轄の下で強制的に不動産を売却する制度のことをいいます。
情報の公開や立ち入り調査など自分の意思が尊重されないものであり、売出し価格も市場価格より低くなるということがあります。
競売を避ける手段としても任意売却は有効手段となりますが、債権者との交渉が必要になるなど専門の知識が必要になります。
このような時には専門サービスに相談することが大切です。

任意売却にはいくつかメリットがあります。
まず第一に、市場の物件に近い価格で売却することができます。
また、個人的な事情が公開されることがありませんし、債務の残りを少しでも減らすことができます。
交渉次第では、売却後もそこに住み続けられる可能性もあります。
競売と違って自分の意思が尊重されますから、気持ち的な負担も減るといえます。
任意売却は債権者との交渉が必要なものですし、競売への移行など期間が限られている場合もあります。
従って、売却が成立する可能性を高くするためにも、できるだけ早い時期に相談をすることが大切です。
フリーダイヤルで相談を受け付けている専門サービスもいくつかありますから、まずは相談してみるということが重要です。