行動に移す

いろいろな書類

住宅ローンの滞納が続いた場合、銀行によって住宅が競売にかけられてしまうことがあります。
いわゆるセリによって、住宅が第三者に買われてしまうのです。
高く買われれば良いですが、競売の場合は市場価格の6~7割程度の価格で買われてしまうことがほとんどです。
ところが任意売却なら、市場価格に近い価格での売却が可能です。
そのため銀行から競売の通知が届いたら、速やかに専門サービスを利用して専門家に相談し、任意売却の手続きをおこなうことが必要です。
専門家は、まずは銀行に競売をやめるように伝えてくれます。
さらに住宅が高く売れるように、宣伝活動をしてくれます。
住宅が高く売れれば、住宅ローンを完済させることも、高額のおつりを手に入れることも可能です。
専門家への相談には、大きなメリットがあるのです。

任意売却によって住宅が高く売れたとしても、住宅ローンの額が多い場合には、完済できないこともあります。
そのような場合にも、専門家は頼りになります。
銀行と交渉して、残りの住宅ローンの返済をおこないやすいように調整してくれるのです。
これにより、無理なく少額ずつ返済していくことが可能になります。
また売却した住宅から引っ越す時期も、専門家の力を借りれば、ある程度調整することができます。
専門家は、新居が見つかって引っ越しの目処がつくまで、住宅を購入した人に待ってもらうよう頼んでくれるのです。
引っ越しには多くのお金がかかることになりますが、そのお金を負担してくれる専門家もいます。
このように専門家は、任意売却後にも頼りになるのです。